イメージ画像

最新情報

2010年12月8日原因
おならの臭いと食べ物
2010年12月5日対策
おならがよく出る 対策
2010年11月18日基礎知識
おならが多い人とは
2010年11月17日基礎知識
どんな時におならが出るか
2010年11月16日原因
おならがよく出るのは異常発酵のせい

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

おならの臭いと食べ物

大腸には約100種類の腸内細菌がいます。これらの腸内細菌は、消化を助けているのですが、その中にもビフィズス菌のように善玉菌とウエルシュ菌などの悪玉菌が存在しています。

おならの臭いはこれらの腸内細菌が大きく関係しています。

肉などのたんぱく質を多く食べると、悪玉菌の活躍が活発になり、悪臭の有るおならが出やすくなります。

また、ニンニクや玉ねぎなど硫黄分が多い食べ物を沢山食べると、悪臭のおならが出やすくなります。

タグ

2010年12月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:原因

おならがよく出る 対策

おならがよく出たり、量が増えすぎたりする場合、中には病気が原因のこともありますので、医師の診察を受けることは大切です。しかし、多くの場合、病気ではなく、腸内の異常発酵ということがあります。

このようなおならがよく出る人への対策は、なかなか難しいといえます。

おならの出る量や回数、臭いが正常な人と同じくらいになれば、対策が完了したといえます。

現代医学の場合、ウィルスや細菌など原因が特定できる病気の場合は、的確な対処が出来ますが、ストレスなど精神的な原因が関係している場合、簡単には対策できないのです。

一般的には、おならの対策として次のような注意点に気をつけると良いでしょう。

  • コーラやビールなどの炭酸飲料は避けて、水を飲みすぎない
  • 食事をよくかんで食べる(食物中の空気を逃がす)
  • 発酵しやすい食物は避ける
  • おならを我慢しすぎない
  • マッサージや適度な運動を心がける
  • お腹を温かくして、足を冷やさない
  • ゲップを出す
  • 繊維質のものを沢山食べる

タグ

2010年12月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:対策

おならが多い人とは

おならの悩みは、便秘がちな若い女性に多いといわれています。特に若い女性の場合、過剰なダイエットを行い、食生活が乱れ、腸内で異常発酵が起こってしまうことがあります。

一方、年齢と共に腸の働きも鈍ってきますので、高齢者にもおならの悩みを抱える人があります。

タグ

2010年11月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:基礎知識

どんな時におならが出るか

おならが出やすい時は、便意を催した時です。これは、誰でも経験があるでしょう。また、朝一番や何か緊張をしていて、それが解けたときにも出やすいといわれています。

また、芋や豆類など炭水化物を多く食べた時は、おならの量が増えます。ただ、これは健康な反応ですので、心配は要りません。通常はにおいもあまりありません。

なぜ、イモ類を食べるとおならが出やすくなるのかといえば、食物繊維が多い食べ物を食べると、消化しきれないでんぷんのカスが腸内細菌の栄養源となり、腸内発酵が活発になるためです。

また、便秘の時もおならがよく出ます。

便秘により、食物が腸にとどまってしまい、異常発酵が起こりやすくなるのです。

タグ

2010年11月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:基礎知識

おならがよく出るのは異常発酵のせい

おならの回数や量が増えるのは、腸の働きが鈍って、腸の中で異常発酵が起きているためです。

ストレスも腸の働きを鈍らせ、おならの回数や量を増やします。

おなら恐怖症がさらにおならの回数を増やすという負のスパイラルになってしまうわけです。

また、胃がんの初期にもおならやゲップが頻繁に出ますので、これには注意が必要です。

その他にも、食事の時に空気を飲み込む癖がある人、腸壁でガス吸収がうまくされない場合、腸管のぜん動不全などもおならの原因となります。

腸のぜん動不全の場合、腸内において食事の消化物を正常なスピードで送ることができず、腸内で腐敗し、発酵、ガス化という状態に陥ります。

おならの回数、量、臭いが強くなると病的です。原因の多くは腸内の異常発酵です。これが長く続くと肝障害や虚血性心疾患、脳血管障害にいたります。

タグ

2010年11月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:原因

おならとは?

肛門から出るガスがおなら。口から出るガスをゲップといいます。ゲップは食べ過ぎや飲みすぎなどが原因で、おならは、食べ物が腸内異常発酵した場合に出ます。

強烈な悪臭を放つおならは、体のどこかに異常ある証拠であり、通常のおならはそこまで臭いがきつくありません。

通常、一日のおならの量は1~2リットルで、5回~20回程度といわれています。食事を短時間で済ます人や食事と共に空気を一緒に飲み込む癖のある人はおならが多くなります。

タグ

2010年11月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:基礎知識

おならに良いハーブ

おならがよく出る場合にペパーミントというハーブが効果的です。

ペパーミントは、しそ科ハッカ属の多年草です。別名セイヨウハッカとも言われ、メントールを豊富に含んでいます。このため、香りが強くハーブとしてはかなり効能が期待できる種類です。

ペパーミントに使い方としては、精油、ハーブティー、お菓子の飾りつけなどがあります。でも、おならがよく出る時にお勧めするのはペパーミントティーです。

そして、肝心の効能ですが、こんなものがあります。

  • 口臭予防
  • 胸焼けや吐き気を抑える
  • 消化促進
  • 抗菌作用
  • 鎮静効果、リラックス効果
  • 過敏性腸症候群の痙攣防止(おならがよく出る場合にオススメ)
  • 花粉症の症状を軽減させる

ペパーミントティーを作るには、紅茶と同じようにします。摘みたての葉を使う場合と市販のペパーミントティーを使う方法があります。

葉は、ドライなら大さじ1カップ、摘みたてのフレッシュなら軽く一掴みが1人前の量になります。

おなら対策にぴったりのペパーミントは、簡単に栽培できるので、家庭菜園で作ってみるのもオススメです。

タグ

2010年11月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:対策

おならがよく出る性格

おならがよく出る原因である過敏性腸症候群になり易い人はどんな人でしょう。

実は、この病気を診断する時には、性格テストを行います。それによれば、まじめな人や気が弱い人、ストレス耐性が少ない人、うつ病傾向の人が多いといわれています。

おならをしても平気な豪快な性格の人であれば、過敏性腸症候群にはならないでしょう。たとえ、おならをしても笑い飛ばせばいいんですから。

ただし、この気が弱い、心がすぐに折れてしまうというのは、自分次第でもあります。

つまり、失敗したらどうしよう、世界が終わってしまう、友達がいなくなる、自分の将来はなくなってしまうと心配するからおならが怖くなり、ストレスになり、さらにそれが過敏性腸症候群に拍車をかけることになります。

逆に言えば、自分で過剰反応しなければ、おならのストレスも小さくなり、症状も治まるはずなのです。

まじめというのは取り柄でもあります、ストレスをうまくコントロールする方法を手に入れて、おならの恐怖から逃れたいものです。

タグ

2010年11月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:原因

おならがよく出た体験談

受験生であった高校3年生の2月期以降、過敏性腸症候群の神経性の下痢の症状がありました。

それに伴い、おならもよく出て、非常に困りました。特にテスト前になると、下痢がひどくなり、おならも、悪臭がかなりあり、つらいものでした。

汗がにじみ出て、腹痛が、かなりの激痛でした。しかし、トイレに行って、大便をだしてしまえば、全く痛みがなくなります。

毎朝、学校に行く前に、正露丸を一度に、15錠も飲んでから、登校していました。

過敏性症腸候群に、正露丸が、効くのかは分かりませんが、正露丸を飲んで、行った日には、学校で、おならが出ることは、少なかったように思います。

おそらく、正露丸を飲んでいるという安心感から、ストレスが、軽減され、症状が、出にくかったのだと思います。

結局、おならから、解放されたのは、大学に合格し、高校を卒業した後でした。受験のストレスから、解放されるまで、私は、おならに、悩まされたのです。

タグ

2010年11月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:体験談

おならがよく出る場合の治療と予防

おならがよく出る原因、過敏性腸症候群になっている人は、日本人の1割と言われています。まずは、お医者さんに行くことが、大切ですが、同時に、日常生活を見直してみることも大切です。

ここでは、過敏性腸症候群を治療と予防について、記載します。

1番大切なことは、食生活について、見直すことです。

  1. 毎朝、食事をしっかり食べる。便秘がちの場合、朝ご飯を食べることで、一応が活発になり、便秘解消につながりやすいです。また、早めに起きて、トイレも時間も、ゆっくり取ることが大切です。
  2. ご飯の時間を決める。毎日のご飯の時間を一定にすることで、生活にリズムが生まれ、胃腸の働きやトイレタイムのリズムが、しっかりし、治療法や予防につながります。
  3. 食事は、ゆっくり食べる。ご飯を早く食べると、空気を一緒に飲み込み、おならが出やすくなります。このため、早食いには注意しましょう。
  4. 食べ過ぎない。大食いも、腸に負担をかけ、おならが沢山出る要因になりますので、腹八分目を心掛けましょう。
  5. 就寝前にもの食べない。寝ている間は、胃腸は、あまり働かないので、寝る前に、できるだけもの食べないようにしましょう。また、やむを得ず、寝る前に、食事をする場合はできるだけ脂っこいものなどは避けて、軽い食事に、勤めましょう。
  6. なんでもバランスよく食べる。食事に偏りがあると、胃腸に負担がかかります。バランス良い食事心掛けましょう。

2番目に、ストレスを解消することが大切です。

  1. ゆったりとお風呂に入ったり、アロマセラピーや好きな音楽を聴く、自然の中を散策するなど、自分にあった。ストレス解消を見つけましょう。
  2. 心療内科など専門家を受診して、カウンセリングを受けたりすることも、大切です。
  3. 軽いスポーツなど、適度な運動も、過敏性腸症候群には有効です。

タグ

2010年11月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:対策

このページの先頭へ